ニキビで皮膚科に行くなら、親身になってくれる病院を選んで!私の皮膚科体験談

ニキビでお悩みの方は、行ったことがあるかもしれません。「皮膚科」!

 

基本的に、やはり”お肌のプロ”は皮膚科のお医者さんになるので、診察されることをおススメいたしますが、私が今まで皮膚科に行って行われた対応の体験談をお話しいたします。

 

ニキビのことを相談するのであれば、親身になってくれて、適切な対応をしてくれる病院へいきましょう!

 

初めて病院に行ったのは小学校6年生

 

初めて私が皮膚科に行ったのは、母親に連れて行かれたからです。

 

小学6年生の時に初めてニキビが出来て、母は湿疹かと思って焦って私を皮膚科へ連れて行きました。

 

その時言われたのは「ニキビですね、よく顔を洗うようにしてください

 

これだけです。

 

特に他には何もなく、ニキビを治す為にどうすればいいかのアドバイスもなく終わりました。

 

ただ、病気ではないかと心配していた母を安心させるためだけに行ったようなものですね。

 

2回目は中学校3年生の時

 

中学生になると、ひどいニキビ肌で悩んでいました。

 

この頃の写真はほとんどありません。

 

なぜなら写真に写りたくないくらいひどいニキビ肌だったからです。

 

さすがに女の子だったので、母が気を使ってニキビ用の化粧品を買ってくれたりしましたが、肌に合わず逆に真っ赤に腫れあがって使用をやめたり・・・

 

とにかく自分の肌質が大嫌いでした。

 

そんな時「○○病院で、漢方を出してもらったら、△△くんがニキビ治ったんだって!行ってみよう!」と言われ、また母と一緒に皮膚科へ。

 

そこはニキビに効果のあるという漢方治療を行っている病院でした。

 

私は元々粉薬が苦手なので、ドラッグストアに売っている空のカプセルに毎日漢方をつめて飲むこと半年。

 

ニキビが治ることはありませんでした。

 

確かに効果が出る人には出るかもしれませんが、私には合わなかったようです。

 

その後はその皮膚科に行っても、違う漢方に変更するだけという対応だったので、行くのをやめました。

 

漢方では私の頑固ニキビは治らないだろうなと自分でも思っていました。

 

3回目は社会人になってから

ニキビ

 

皮膚科に行ってもニキビが治らないと思っていたのでしばらくは行くことがなかったのですが、ひどいニキビに悩まされていた社会人。

 

化粧もするし、ストレスも溜まるし、ニキビは学生の頃の比じゃないくらい出来ていました。

 

毎日化粧でニキビを隠すけど、デコボコが治ることはなく、毎日恥ずかしい思いをしながら通勤していました。

 

そんな時、双子の妹が病院で「ケミカルピーリング」を勧められ、少しずつお肌がきれいになっていました。

 

双子なので肌質は一緒、妹もニキビ肌でしたが、お肌がキレイになってきているんです!

 

私もその皮膚科に行くと、すぐに「ケミカルピーリング」を勧められました。

 

当時は全くケミカルピーリングの知識もなく、ニキビ治るんだったらいいよね!と軽い気持ちで行き始めました。

 

1回の施術が1万5千円。

 

ケミカルピーリングは最低でも6回ほど通わないといけなかったので、9万円ほどトータルでかかるわけです。

 

それでもキレイになりたかったので、高いお金を払って通いました。

 

結果、綺麗にはなりましたが、ケミカルピーリングは一時的なものなので根本的な解決にはならず、3ヶ月後再びニキビが出来始めました。

 

4回目は結婚式の前

結婚式の前、どうしてもお肌がキレイになりたかった私は、引っ越した先の皮膚科に行きました。

 

だって、一生に一度のことだもの・・・キレイなお肌でウエディングドレスを着たいじゃないですか!

 

ケミカルピーリングをしても一時的だし、痛いからやだなぁと思っていたのですが、またそこで勧められたのがケミカルピーリング

 

ただ、そこは非常に価格が良心的で、6回で3万5千円という金額でケミカルピーリングを行ってくれました。

 

それくらいならいいか・・・と思ってまたケミカルピーリングをすることに。

 

結婚式は無事にニキビがない状態でむかえられましたが、当然、また数ヶ月後にニキビに悩まされます。

 

5回目は1年前

 

そして、ずっとニキビ肌で悩んでいた私が再びニキビをどうにかしたいと思って選んだのが、私の住んでいる地域では非常に有名な皮膚科でした。

 

もういい大人なのにニキビがあることが恥ずかしくて、相談にいったところ、初めて塗り薬を処方されました。

 

アクアチムクリーム」というお薬です。

 

000

 

このお薬、実は子供が「とびひ」という病気になった時にもらって家にもあったので知っていました。

 

抗生物質の含まれているお薬で、殺菌作用や炎症を抑える効果があります。

 

このお薬を塗っていたところ・・・

 

なんと悪化してしまいました!!!

 

このお薬は皮膚科でもよく出るお薬で、合う人にはもちろん効果があるんですよ!!

 

しかし私には効果がないようでした・・・

 

逆に真っ赤に腫れあがり、ニキビが治らなかったので再度相談に行くと、「じゃあケミカルピーリングしかないね」と言われました。

 

結局、どこに行ってもケミカルピーリングですよ。

 

ケミカルピーリングしか勧められません。

 

お肌の負担にもなるし、高額な金額を請求され、効果は一時的なもの。

 

私は皮膚科に幻滅しました。

 

だって、全部の皮膚科、違うところなんですよ?

 

違う皮膚科なのに、全部対応が親身になってくれないって・・・

 

こんなの幻滅するしかないじゃないですか。

 

皮膚科なんて親身に対応してくれないんだ!と思ってしまいました。

 

そうして、このサイトを立ち上げ、いろいろ自分で試し、今は綺麗な肌を手に入れたのです。

 

私が思う皮膚科とは

 

私の場合、運が悪かったんだと思います。

 

きちんと親身になってくれたり、本当にニキビの知識がある先生に会ったことがなかっただけだと思います。

 

相性も悪かったんですね、皮膚科の先生と。

 

皮膚科に通ってニキビが治るケースももちろんあります。

 

ただ、私のように皮膚科に幻滅するケースもあるということは覚えておいてください。

 

実際、ニキビを治そうとして病院に行ったけど全く治らなかったと言う人もけっこういるようですね…。

 

謝った治療をされると、お肌の状態が逆に悪化することがあります。

 

でも!

 

努力すれば、皮膚科に行かなくてもニキビを治すことが可能です。

 

もし、皮膚科に幻滅している人がいるなら、それでもあきらめず、自分で頑張ってみようともう一度心を奮い立たせてください!

 

きちんとしたケアをすれば、自分でニキビをなくすことは可能ですよ!

 

 

実際私は、皮膚科に通わずに、お肌をキレイにすることに成功しました!

 

 

ほら!今ではニキビに悩んでいません!

 

皮膚科に行かないでどうやったの???

 

そう思う人もいるかもしれませんね。

 

私が行ったのは、保湿です。

 

それだけ???

 

そう、それだけなんです!

 

ニキビがたくさんある人は、お肌を触ってみてもらいたいです。

 

硬くてゴワゴワしていませんか?

 

油分が多くないですか?

 

その状態、改善できますよ。

 

そもそも、お肌が硬いということは、ターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が上手く出来ていない状態であることが考えられます。

 

 

古い角質や、汚れを溜めこんでいるので、全くニキビが治ることはありませんし、次々とニキビが出来てしまいます。

 

けれど、

 

しっかりと保湿できているお肌は違います!

 

赤ちゃんや子供のお肌を想像してください。ニキビないですよね?

 

みずみずしいお肌は、お肌のターンオーバーが正常に行われるからです。

 

 

このように、お肌の保湿がニキビを改善する近道だったんですね。

 

皮膚科なんかにいかなくても、自分でニキビを治したいなら、まずはお肌を潤すことを考えてみてください。

 

もう、病院へいって泣き寝入りなんてしなくていいんですよ!

 

私がニキビを改善した、ニキビ用の保湿化粧品はこちら!

 

↓ ↓ ↓

>>私のお肌を治してくれたニキビ用保湿化粧品ランキング

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。