生理前にニキビが出来る理由。生理前にはビタミンを摂る用に心掛けて!

生理前ってニキビに悩みますよね。私も毎回肌荒れがひどくなるので、「早く生理来い~」といつも願っておりました。

生理前にニキビが出来やすくなるメカニズムを知って、生理前のニキビを予防しましょう!




生理前にニキビが出来るのはなぜ?

「ホルモンバランスが崩れるからでしょ?」と言われると、その通りなのです。

女性ホルモンの中の卵胞ホルモン黄体ホルモンの関係性に原因があるのですが、生理前は黄体ホルモンが増えます。

この黄体ホルモンが増えることで、皮脂の分泌が多くなってしまうんです!!

皮脂の分泌が増えることで、皮脂がつまりやすくなり、ニキビの原因となってしまうのです。

なんとも悲しい出来事。でも女性の身体のメカニズムなので全人類の女性はこういうホルモンバランスになるのでどうしようもないんです。

 

生理前のニキビを予防するにはどうすればいいの?

生理前が出来ないための予防策は以下になります。

・早寝早起きや適度な運動などの生活習慣に気を付ける
・脂っこい食事は避ける
・ビタミンを多めに摂る
・お肌に潤いを与えるようにする

 

早寝早起きや適度な運動などの生活習慣に気を付ける

全ての”美”は正しい生活習慣を送ってこそ与えられると言っても過言ではありません。

正しい生活習慣を送り、基礎代謝を上げることで、ニキビの出来づらい体になるんです。

暴飲暴食を繰り返し、寝不足で運動も全くしない…そんな生活を続けていて、肌荒れが治ってほしいなんて難しいと思いますよ。

一流のモデルさんたちが気を付けているのは、食生活や運動ももちろん、早寝早起きだったりします。お肌をしっかりと休ませてあげるため、睡眠もきちんととりましょう!

 

脂っこい食事は避ける

黄体ホルモンが増え、皮脂の分泌が多くなるということは、普段よりも油分が多くなるという事です。

それなのに、更に脂を摂取すると、どうなるかわかりますか?

皮脂の分泌がもっともっと多くなり、結果、余計にニキビが出来てしまいます

脂っこいものやカップラーメンなどの添加物を食べると、脂ギトギトのお肌になってしまいますよ!

この時期だけはヘルシーな食事を心がけましょう。

 

ビタミンを多めに摂る

皮脂の分泌が多くなり、ニキビが出来やすいお肌になったときには、お肌を回復する手助けをしてくれるビタミンを多めに摂取しましょう。

お肌の状態を回復すれば、生理前の期間もニキビが出来るのを防ぐことができます。

皮脂の分泌に対抗できるのおはビタミン!ビタミンの摂取は大切ですよ!

 

お肌に潤いを与えるようにする

お肌に潤いを与えることで、余分な皮脂の分泌を防ぐことができます

そのため、お肌は潤いたっぷりの水分が多いお肌にしましょう。ニキビを予防するのは大切です。

いつもよりもお肌のお手入れは入念に!パックで保湿をしっかりする等、生理前のこの時期はお肌を甘やかしてあげてください。

お肌の水分がたっぷりな状態が最適!

 

生理前のサプリにはTURURI;BBが最適!

TURURI;BBは、お肌の回復に大切なビタミンC、B2、B6を中心に、なんと12種類ものビタミンを摂れてしまうんです!

例えばビタミンの中には、水や熱に非常に弱く、茹でたり炒めたりしているうちになくなってしまうものもあるんです。(ビタミンB1やビ葉酸と呼ばれるビタミンB9等)

そんなビタミンを摂るのは非常に難しく、厚生省でもそういったビタミンを摂るのはサプリから摂ることを推奨しています。

TURURI;BBは栄養機能食品として基準値の100%を突破しているサプリメント。

生理前に「あのサプリも飲んで…このサプリも飲んで…」という複数飲みもしなくていいんです。これ1つで充分な栄養が摂れてしまう。あれこれ買うのも大変ですし、ビタミンAの過剰摂取は良くないので、サプリはあれこれ摂るよりも、栄養価の高いものを選んで飲む方がいいんです。

ニキビに効果にあるようにしっかりと作られているTURURI;BBなら安心!これで生理前のニキビも予防しちゃいましょう!

ちなみに、TURURI;BB飲み始めてから生理前のニキビに悩まなくなりました。常につるりんとしたお肌になったよ。

レビューもしてます。TURURI;BBとてもいいですよ!

 

今まで化粧品だけでニキビが治るかと思っていたのですが、「ニキビを作らない」ためには、内側からのケアが非常に大切だということが今回わかりました。 TURURI;BBを飲

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>