【ニキビ肌】化粧水をお肌へ浸透させる化粧水の正しいつけ方とは?

ニキビに効く化粧水、肌を潤す化粧水を使っているのに間違った化粧水のつけ方をしていませんか?

正しい化粧水のつけ方を学び、化粧水をお肌へと浸透させましょう!




化粧水は何でつけてる?コットンはダメ!

make02

いつも化粧水をつけるとき、何でつけていますか?コットン?

コットンの方は、今すぐ使うのをやめてください!

ニキビがある人は必ず手で化粧水をつけること!

その理由は以下のとおりです。


・コットンがニキビに刺激となり、ニキビが悪化する可能性がある
・手のひらでひと肌に温めた化粧水はお肌に浸透しやすくなる

 

コットンがニキビに刺激となり、ニキビが悪化する可能性がある

コットンを使っていて、「痛い!」と見てみるとコットンに血がついていた経験はありませんか?私はしょっちゅうありました!

ニキビがひどいのにコットンを使っていると、それが刺激になってニキビには逆効果!逆にニキビの潰れたところから雑菌が繁殖して更にひどい状態になったり、ニキビが潰れたところが頑固なニキビ跡になることがあります。

ニキビ肌にとって、コットンは大敵!今すぐ使用をやめてくださいね!

 

手のひらでひと肌に温めた化粧水はお肌に浸透しやすくなる

化粧水は冷たすぎるものより、ひと肌で温めたもののほうがお肌に浸透しやすくなります

冷たい化粧水をつけると、毛穴が小さくなるので化粧水の吸収率がわるくなってしまうんですね。

ひと肌に温めた化粧水はすんなりと毛穴に入っていってくれるので、お肌の奥まで浸透しやすいです。

また、刺激も少ないのでニキビ肌の方にはオススメです。

 

以上のことから、化粧水は手のひらでつけることを推奨します!私も若い頃はコットンを使っていましたが、今や手のひらでつけています。

では、化粧水の正しいつけかたです。

 

ニキビ肌の人の化粧水の正しいつけ方

 

1.適量を手のひらにとる

適量というのは難しいですが、大体手のひらのくぼみに10円玉くらいの大きさで大丈夫です。

写真撮ったけど化粧水透明だからわかりづらかった。

IMG_3444

 

2.もう片方の手の指で顔に少しずつ化粧水をつけていく

空いている手の指(2~3本)で化粧水を顔につけていってください。

いきなりびちゃってやっちゃだめですよ!ニキビ用の化粧水もったいないからね!

びちゃびちゃやっても顔に馴染みません。ゆっくりゆっくり、指でつけていくんですよ!

 

3.手の平で顔を覆うようにして、化粧水を浸透させる

make01

顔につけた化粧水を優しく多い、押さえるようにして化粧水を浸透させます。

化粧水をつける時、パンパンパンパン!と自分の顔を叩いて化粧水を馴染ませていく人はこれも今すぐやめてください!!

顔の細胞が死にます。

そして、ニキビにも刺激になります。

それは間違った方法ですからね!ニキビ肌の人は「優しく」が合言葉ですよ!!

 

4.上記をあと2回繰り返す

1度だけではまだまだお肌に入った化粧水の量が少ないので、あと2回!計3回は化粧水をつけていきましょう。

時間がないからって焦るのは禁止です!心に余裕をもってやりましょうね!

 

5.最後は保湿美容液または保湿クリームを塗る

化粧水だけでは、すぐに蒸発してしまうのしってますか?あくまでも水分なので蒸発しやすいんです。

必ず化粧水の後は保湿に特化した保湿美容液または保湿クリームを塗りましょう。

 

以上がニキビ肌の方の正しい化粧水のつけ方となります。

いつもやっている方法とは同じでしたか?違いましたか?同じ人は素晴らしい!違う方はぜひ実行してみましょう!

私もこの方法に変えてからかなりお肌が柔らかくなりました。今までびちゃびちゃつけているだけできちんと浸透していなかったんだと思います。

 

今使っているのは、リプロスキンをまず塗ってお肌を柔らかくしてから、メルラインを上から塗っています。

メルラインはジェルですが、美容液にも保湿クリームの役割もしてくれるので私には使い勝手がいいです。

真冬はもう少し手厚くしますが、真冬以外はきちんとした化粧水の塗り方をしていれば乾燥も防ぐことができますよ!

時間がかかってしまう方法かもしれませんが、ニキビを本気で治したいなら化粧水のつけ方もまずは見直していきましょうね!


コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>