ルナメアACのお試しキットが届いたからさっそく使ってみましたよ!

ルナメアのお試しキットが届いたので、早速使ってみました。

 

ルナメアACについて

 

実は私の親戚が富士フィルムに勤めておりまして・・・
「ルナメアACいいよ!」という話は聞いておりました。
ニキビのケア商品としても評価が高いようですね。

ルナメアの特徴としては、

ナノ化技術によって油溶性の有効成分を毛穴の脂に素早く馴染ませる

ということで、つまり毛穴に潜む油分にまで届くようになった化粧水ってことですかね。
今までの「とにかくニキビに良い成分を配合!」っていう化粧水ではないんですね。
ナノレベルの技術で作られた「お肌に浸透させるニキビケア商品」ということです。

そんな!ナノレベルで浸透とか言ったら、すごい効きそう!

よし早速使ってみよう!と張り切って使ってみました。

 

使ってみた感想

いやー届くのにかなり時間がかかりました。なんで?北海道だから?
届くのに1週間以上かかったので不安になっちゃいましたよ。

さて、1週間のお試しキットはこんな感じで届きました。

IMG_3537

うん、ちょっとバレバレで恥ずかしいな(笑)
本当にこのままでしたからね。特に袋とかに入っていませんでしたからね。
この人化粧品頼んでる~っていうのがバレバレでした。

IMG_3557

中を開けるとこんな感じ。

・洗顔料
・化粧水(ノーマル)
・化粧水(しっとり)
・ジェルクリーム
・泡立てネット
・説明書とかキャンペーンのチラシとか

 

ほうほう・・・

私は今乾燥で困っていたので、さっそくしっとりの化粧水を使ってみることにしました。

IMG_3545

すごい透明!
あまりの透明度に私の平凡な手相が丸見えでとても恥ずかしいです。
見た感じ普通の化粧水のようでしたが・・・

つけてみると本当にしっとり!
あ、これは乾燥してる私にぴったりだな」と思いました。
乾燥ニキビにいいって言うけど、本当だった。

ちなみにノーマルタイプも使ってみましたが、しっとりタイプよりはさっぱりしてます。
でも、お肌の奥に浸透する感じがするのはノーマルでもしっとりでも変わらないです。
ノーマルでもつけてたらお肌の奥からモチモチしてくる感じがします。
これがナノ技術・・・(ゴクリ)

IMG_3553

お肌がしっとりしたところで、お次はジェルクリームです。
このジェルクリームは何に効果があるんだろう?と思いました。
化粧水はわかるんですよね、お肌の水分補給ですよね。
ただこのジェルクリームって乳液的なものなのかなと思いました。更に乾燥を防ぐというものかなと。

でもつけてみた感じ、あまりしっとり感はありませんでした。
これをつけることによって、更にお肌を潤すという感じではないなと思いました。
けっこうさっぱりしてるんですよ。

・・・と思ったら、公式サイトにも書いてあった。

毛穴の中とその周囲でおこっている乾燥と毛穴内でおこっているつまりを集中的に解決できる新成分。
このアクネシューター(R)は毛穴に引き寄せられる特殊な構造を保持しているので、毛穴に集中して有効成分とうるおいを届けます。

引用 – 富士フィルム「ルナメアAC ジェルクリーム」

 

なるほど!
ということは、つけた感じはさっぱりでも実は内部の毛穴は潤っているということか!
それではこのジェルクリームもやっぱりつけたほうがいいんですね。

 

ルナメアACの総評

 

やはり評価は高いだけあって、私はけっこういい物だと感じました。
なにか良かったって「乾燥に効く」っていうところでしょうかね。
今アゴが最高に乾燥しちゃっているので、それを阻止するために使いたいなーって思いました。
ただ残念なのは、ルナメアACのお試しキットには「しっとり」の美容液は使い捨ての袋2つしか入っていないと言う事。
これ、最初から「ノーマルがいい人ー!しっとりがいいひとー!両方使ってみたい人ー!」って選べるようになっていればいいのに。
そしたらそれをお試ししたい人が選べていいのになぁ。
私は最初からしっとりだけ欲しかったのでそこは残念。
でも量はけっこうありますよ。
一週間以上使えるかもしれない。

気になっている方は試すだけでも試してみるといいかもしれませんね。
キット購入から30日間はキャンペーンでルナメアACセットが25%オフになるらしいです。

あとちなみに、洗顔料は私、よかせっけんを使っていたので使っていないですが、きちんと使ってそちらもレビューしていきたいと思いますので!

 

※合う合わないがあるので、使ってみて異常を感じたら使用をやめて病院に行ってくださいね


コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>