モロッカンオイルって匂いも使い心地もとっても最高!

髪の毛のために何かやっていることはありますか?
オイルトリートメントを使っている方も多いと思います。
私も使っています。

IMG_3358

現在はこの、モロッカンオイルを使っています。
このモロッカンオイルの使い心地をレビューしていきたいと思います。

 

そもそもオイルトリートメントって?

 

髪につけるオイルです。
椿油やオリーブ油等、けっこう有名どころのオイルが使われているのでご存知の方も多いではないでしょうか。

効果としては、

・パサつきを補正する
・髪の毛に艶を出す
・ドライヤーやヘアアイロンを使う時に髪を痛めないようにする

というところでしょうか。
私も「髪の毛に若さが出る」と聞いてから使うようにしています。
若い子はツヤツヤの髪の毛らしいです。
髪がツヤツヤだと若く見えるのね!と思いました。

それに、美容室でもドライヤーの熱で髪の毛を痛めないように使った方がいいと勧められました。
やっぱりプロも推奨しています。

 

モロッカンオイルってどんな感じ?

 

私は元々違うオイルを使っていました。

ナチュラルホホバオイルと TSUBAKIの美艶油です。

ナチュラルホホバオイルは母がいらないと言ってくれました。
髪がべたつくのが嫌だそうです。
私も使ってみましたが、確かに少しべたつきが残るかも・・・と思いました。全然気にならない程度ですけどね。

TSUBAKIの美艶油は安いだけあって、あまり効果が感じられないと言うか・・・
すごいサラサラはしているのですが、もう少しツヤが欲しいかなというところ。
匂いは一番好きなんですけどね。

モロッカンオイルは、元々美容室で勧められました。
実は私の行っている美容室は行くと料金によってポイントが貯まるんですが、私ずっとポイントを使わなかったのでかなりポイントがあったんですね。
そこで、そのポイントとモロッカンオイルを交換したということです。
シャンプーとかにしようと思っていたのですが、「みんなこれを目指してポイントを貯めているんですよ!ぜひモロッカンオイルにしてください!」と言われ、そこまで言うのなら・・・と交換した次第です。

IMG_3306

オイルは出すとこんな感じです。
黄色なのですが、わかりますかね?
オイルによって透明なものもありますが、これは黄色ですね。

モロッカンオイルはアルガンオイルというオイルを元に作っているそうです。
アルガンオイルは高級植物油と言われていて、ビタミンEが豊富らしいです!
なのでお値段もそこそこいいんですね。

 

使ってみての結果

 

IMG_3294

これが私の髪の毛です。ぼさぁとしてますね。
すみません、1.5~2ヶ月の間隔できちんといっていた美容室は今回はなぜかもう4ヵ月行っていないので・・・

こんなぼさぁとしている髪が、オイルをつけるとこうなります。

IMG_3296

ちょっとつけすぎた感が否めません!すみません!
写真撮るって思ったら張り切ってつけすぎたハハハ

まぁでもある程度まとまったと思います。
これ、ブラシでとかしてないんですが、ブラシでとかすともう少し綺麗になります。
写真で見ると違いはあきらかですよね?

あと、すごく匂いがいい匂いで、我が家の男性陣には大人気です。
バニラの匂いがします。
甘くいバニラの匂いで、スイーツが似合う可愛らしい女の子になった気分になります。(あくまでも気分だけですが)
ただ私は実はバニラの香りが好きではないので(笑)匂いだけはあまり気に入っていないですが、使った感じはやっぱりすごい。

今まで試したオイルとは全然違います。
やっぱりしっとりした感じですね、ものすごく落ち着きます。
オイルの使い心地がちょうどいいんです。
ナチュラルホホバオイルと TSUBAKIの美艶油で足りなかったものが、モロッカンオイルにはあるんです。
ベタづかず、ツヤツヤ感もあって、あーこりゃすごいわ!と納得の商品です。
ドライヤーをかけていても安心できるんですよね。守ってくれてる!って。

オイルの匂いとか使用感は人それぞれ好きなものがあると思いますが、一回これを使ってしまうと私は手放せないなぁと思っています。

本来であれば髪がまだ乾いていない時につけるのですが、今回はわかりやすいように乾いてからつけてみました。
ぜひ皆さんは髪が濡れている時につけて試してみてくださいね。

 


コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>