ユースキン(yusukinA)はニキビ用に出来ているの?

ユースキンをニキビに使うと効果がある!という話は非常に有名ですが、本当に効果はあるのでしょうか?

 

ユースキンをがニキビ用に出来ているのか調べてみました!

 

ユースキンはどんな商品?

 

ユースキンは昔から保湿クリームとして愛用されるもので、よく手や腕、足などの乾燥が気になる部分に塗っている人が多いですね。

 

ユースキンの成分には、グリセリンヒアルロン酸など保湿成分で有名な成分が多く入っています。

 

そのため、保湿効果は非常に高く、乾燥する時期には手放せないという人もたくさんいますよね。

 

私の母もいつもユースキンを手に塗っていたので、私は子供の頃からユースキンは身近にありました。

 

そんなユースキンは意外とニキビにも効果がありそうな成分もあるんですよ。

 

ユースキンでニキビに効果的と考えらえる成分

 

ユースキンに含まれているニキビに有効か?と思われる成分をご紹介します!

 

 グリチルレチン酸

抗炎症作用があるのでニキビの炎症を抑えてくれる効果が期待できる

ビタミンE酢酸エステル、ビタミンB2、ビタミンC

ビタミンは肌の修復を助けてくれるので、ニキビが早く治りやすい効果を期待できる

ヒアルロン酸Na、グリセリン

保湿成分が、乾燥ニキビを修復してくれる効果を期待できる

 

以上がニキビに効果のあると考えられる成分です。

 

実際に「ニキビ用」と言われる化粧品に含まれている成分が多いですね。

 

お肌を潤し、ビタミンを与え、ニキビの修復を早めてくれる・・・そんな成分がたくさん入っています。

 

「じゃあニキビに使っても大丈夫なんだ!」

 

そう思うかもしれませんが、よく考えてから使ってほうが良いかもしれません。

 

ユースキンはニキビ用なの?

 

ユースキンは、ニキビ用ではありません!

 

ユースキンの販売元であるユースキン製薬株式会社でも「ニキビに効果的!」という宣伝は一度もしていません。

 

それはなぜか?

 

実は、ユースキンには、「パラベン(防腐剤)」などの添加物が含まれているため、ニキビが出来ている人が頻繁に使うことは推奨できません。

 

ニキビに確かに効果はあると感じる人はいるかもしれませんが、敏感肌などでお肌が弱い人は使うのを避けたほうが良いかもしれませんね。

 

>>【経験談】ユースキンを顔のニキビに使ってみた結果ニキビは治ったのか?

 

ニキビにはニキビ用の保湿化粧品がベスト

 

やはり、ニキビには「ニキビ用」の化粧品を使うことが一番いいです。ニキビに効果がある成分を使っているわけですから、安心して使えます。

 

特に、ニキビは保湿することは大切です。

 

なぜかというと、ニキビがすぐに出来てしまう人はお肌のターンオーバーがしっかりと出来ていない可能性が高いからです。

 

 

通常、お肌の生まれ変わりが出来るお肌は、常にキレイな皮膚の状態なのでニキビなどの肌トラブルに悩むことはありません。

 

しかし、ニキビが出来るということはこのターンオーバーが上手くいっていない証拠。

 

例えば、ニキビが出来ている部分を触ると、なんだか硬くてゴワゴワしていませんか?

 

ストレスや乾燥などで肌が硬くなってしまうと、ターンオーバーできないお肌になってしまうんですよ。

 

 

こうなると、いつまでもニキビが治らずに、永遠に出続けることになってしまいます。

 

しかし、水分をしっかり与えてあげたお肌は違います。

 

 

柔らかくなり、ターンオーバーも正常に行われるので、非常にお肌がキレイになります。

 

もちろん、ニキビ痕やシミなどもターンオーバーによって少しずつキレイになってくるんですよ。

 

このように、ニキビを治すには、まず肌質改善が必要になってくるんですね。

 

実際に、私も肌質改善をしてニキビをなくすことに成功しました!

 

 

ゴワゴワで硬かった私のお肌は、すっかり柔らかくニキビのないお肌になりましたよ!

 

ユースキンでは全くニキビが治らなかったお肌もキレイになりました!

 

ニキビをなくしたいなら、まずは、ニキビ用の保湿化粧品でしっかりと保湿して、ニキビのできない肌作りを目指すことが大切です。

 

私がニキビをなくすことができた、ニキビ専用の保湿化粧品はこちら!

 

↓ ↓ ↓

>>ニキビ肌専用保湿化粧品のランキング

 

 

 

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。