【2017年1月】現在のお肌の状況のご報告【ニキビ肌】

お久しぶりにニキビ肌の状況をご報告します!

ニキビ肌で悩んで2X年・・・ひどい時は本当に外に出るのも憂鬱でしたが、そんな私のお肌がどうなったのか!?現在のお肌の状況は・・・?

2017年現在、ニキビなーし!

IMG_7856

先ほど撮った、撮りたてほやほやな写真です。

現在はお肌の状況は良好。ニキビ痕等もほとんどありませんので、スッピンで出かけるのも怖くありません。(あまりスッピンで出かけないけど・・・)

 

昔の写真と比べてみましょう。

kiseki02

これは2015年の写真ですが、ニキビ痕もニキビもひどい時ですね。

それに比べたら今はひどくないです。相変わらず生理前やストレスが溜まるとニキビはできますが、前みたいに全体にプツプツできるのはなくなりました。

 

ニキビ痕やシミが消えた?

前よりもお肌の色が明るくなり、シミやニキビ痕も消えたような気がします。

やっぱり保湿のおかげかなと思っています。

保湿って、本当にお肌に必要でお肌に水分がある状態だとお肌の生まれ変わりが早いんです。

ターンオーバーってやつですね。古い角質やらが剥がれて、新しいお肌に生まれ変わる。

私も何十年もニキビが出来ていたので、いつもニキビ痕との戦いでした。ニキビ痕やシミが常にあったし、なくなることはありませんでした。

けど、こうして新しいニキビが出来なければ結局ニキビ痕にもならないし、あとは保湿してあげれば綺麗なお肌になるんですよね。

保湿をすることで、ニキビの治りも早いですし、乾燥するこの時期は時に保湿をしっかりとしていきましょう。

 

QUALITY1stオールインワンシートマスク継続中

冬はやめられないとまらない!「QUALITY1stオールインワンシートマスク」が本当に優秀!

つい先日、我が家に母が遊びに来たのですが「QUALITY1stオールインワンシートマスク」を使って感動して「早速買う」と宣言して帰って行きました。

安いフェイスマスクでよくあるお悩みの・・・

・薄いと5分くらいでシートが渇いてしまう

・あまり効果が感じられない

・毎日マスクをする意味がないように思う

・化粧水をつけるだけのほうがいいような気がする

というよくあるご意見を言っていた母ですが、「QUALITY1stオールインワンシートマスクはずっとつけていても潤いが続くし、とったシートを手や足につけるとお肌がしっとりする♪」と喜んでいました。

布教大成功!(笑)

このマスクはいい、これからも使いたいと言っていたので早速買うみたいです。やはり乾燥がひどい季節には化粧水だけじゃ不安ですからね。フェイスマスクおススメです。

オールインワンシートマスク
フェイスマスクで最近使用しているのは「QUALITY 1st オールインワンシートマスク」です。かなり評価が高いので購入してみたところ、間違いありませんでした。 「QUALI

 

2017年の目標

目標はもちろん「スッピンで出かけられるようになるためにお肌に透明感を!」です。

ニキビがないキレイなお肌は継続しつつ、きめ細やかな美しいお肌を手にいられたらいいな…というのが目標。

それがなかなか大変なんですけどね…。

とりあえずシミ・シワ・ニキビ痕に悩まないように、当面はしっかりと保湿ケアして頑張っていきたいと思います。


リプロスキンでデコボコや痕のない美肌を作る!化粧品導入の土台にピッタリ!

ニキビを治すには潤いが大切。その潤いを得るためにはまずは化粧水を受け止める土台を作ること。

その土台を作ってくれるのがリプロスキンです。

リプロスキンは「導入型柔軟化粧水」と言われ、他の化粧水をお肌の奥底まで届け、浸透性を高めてくれる優れもの。デコボコのニキビ肌にも効果があると評判です。

・ナノレベルでお肌の奥底まで潤いが浸透する

・潤いを吸収しやすいお肌にしてくれる

・お肌のターンオーバーを促し、美肌にしてくれる

こんなにたくさんの効果が得られるのはリプロスキンだからこそ。私自身、リプロスキンのおかげでお肌の浸透性が今までと比べものにならないくらい変わりました。デコボコだった汚いお肌が治ったのはリプロスキンのおかげです。

他の化粧品との相性もバッチリ!ニキビの出来ない土台を作るためには「リプロスキン」です。

リプロスキンの公式サイトへ

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>