顎ニキビが出来る原因。あごニキビを治す方法と対策方法を実体験を交えてご紹介!

顎ニキビは大人ニキビとも言われています。他の部位には出来ないのに、やたらとアゴにばかり出来るなぁと感じたら、それは大人ニキビが原因かも…。

もちろん思春期の若い子にもあごニキビはできますが、大人とはまた出来る理由も違ってきます。顎ニキビが出来る原因と対処方法、また自身があごニキビを治した方法もご紹介します。

あごニキビが出来る原因

大人なのにあごニキビが出来てしまう原因はいくつかあります。心当たりがある人は要注意!

 

・乾燥
・ホルモンバランスの乱れ
・胃腸の乱れ

 

乾燥

あごの毛穴は元々小さく、皮脂や汚れが非常に詰まりやすいです。鼻の毛穴と比べるとあきらかですよね。あごの毛穴はあまりよくわかりません。

そんな小さい毛穴なので、乾燥により皮膚が固くなると、更に皮脂や汚れが詰まりやすくなり、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

また、私たちの体は乾燥により水分がなくなるのを防ぐために、皮膚を潤そうと皮脂をたくさん出します。乾燥→皮脂を出す→硬くなった毛穴に詰まるという悪循環が生まれてしまうわけです。

秋冬は特にお肌の乾燥が進んでしまうので、要注意!

 

ホルモンバランスの乱れ

あごニキビが出来てしまうのは、ホルモンバランスの乱れが大きな要因となっています。普段は特にニキビが出来ないけど、生理前になるとアゴやフェイスラインに出来やすいという人は完全にホルモンバランスの乱れによるものです。

女性の場合は、生理前に「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌が多くなってしまうことが原因。この黄体ホルモンは皮脂の分泌を活発にしてしまうというものです。

また、ホルモンバランスが乱れる原因として、ストレスや生活習慣の乱れも原因の1つです。寝不足やストレスを抱えていて生理周期がおかしくなってしまった経験はありませんか?これはストレスや生活習慣の乱れによりホルモンバランスが乱れてしまった結果。ホルモンバランスの乱れはニキビに影響があるということは意識しなければ、あごニキビを治すことは難しいです。

 

胃腸の乱れ

内臓が弱くなると、体全体に影響を及ぼします。ニキビもその一つ。胃腸が乱れることで、消化の際に毒素を出し、その毒素が全身を巡って、皮膚にニキビとして出てきてしまいます

また、代謝機能が低下することも原因の1つ。胃腸が弱くなり、消化機能が低下するとビタミンの吸収が出来なくなりニキビが出来てしまうのです。

胃腸が疲れていると出てくるニキビというのは、やはり毛穴が詰まりやすいアゴやフェイスラインに多くなります。暴飲暴食や脂っこいものの食べすぎ、体調不良など、胃腸に負担をかける場合にニキビが出来てしまうのはそのためなんですね。

 

あごニキビを改善する方法

あごニキビを改善するにはどうすればいいのでしょうか。その対策方法です!

 

保湿をしっかりとする

保湿をしっかりと行うことで、皮膚が柔らかくなります。皮膚が柔らかくなるということは、皮脂や汚れが落ちやすくなり、毛穴に詰まることを防いでくれます。毛穴がキレイな状態であれば、ニキビの原因のアクネ菌が繁殖しづらいのでニキビが出来ません

皮脂や汚れをしっかり落とすことが、毛穴詰まりを防ぐ方法。となれば、保湿がいかに重要であるかは明白ですね。

お肌を柔らかくし、ニキビが出来ない基礎を作りましょう。

 

ホルモンバランスを整える

32e697e73ae976e0ca7b90874c817db7_s

ホルモンバランスの崩れを治すことでニキビを改善することが出来ます。

生理前のホルモンバランスの乱れで悩んでいる人は、女性ホルモンを正す作用のある大豆製品をとることをおススメします。大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似ている作用があると言われており、女性ホルモンを正してくれる効果が期待できます。

大豆製品である納豆・豆腐・豆乳などは日常の生活でも非常に摂りやすい食品のため、おススメです。

また、ストレスや生活習慣によるホルモンバランスの乱れの場合は、ストレスの原因や生活習慣を正すことで改善が見込めます。が、それが一番難しいことはわかります。どうしても仕事や育児でストレスが溜まってしまう事はわかりますし、忙しくて生活習慣を正すことも難しいですよね。

ストレスは溜めるのは仕方がないので、発散する方法を考え、生活習慣についても夜遅くまで起きていないで早く寝て朝活動するなど、少しでもいいので工夫しましょう。

美肌を保っているモデルさんは9時頃には皆さん睡眠していますよ。睡眠はそれだけ大切なんです。

 

ビタミンを多くとり、暴飲暴食を避ける

お肌をキレイに修復してくれるビタミン。このビタミンを多く摂ることが大切です。

ただし、ビタミンを摂っても胃腸が正常に働いていなければビタミンを吸収することができません。脂っこいものや添加物の多い食事をしている人は、食生活の改善から行っていきましょう。飲み会が続いている場合などは、休肝日を作ることも大切です。

暴飲暴食を避け、ヘルシーな食事を心がけていると、自然と胃腸の働きも良くなってきます。胃腸が疲れていると感じた時はしっかりと休ませ、栄養を吸収できるような状態を保ちましょう。

 

私がためしたあごニキビ対策

私もあごニキビがひどかったのですが、自分でいろいろと試したことをご紹介します。

ちなみに、以前は汚かったお肌ですが、ここまでキレイになりました。

顎ニキビが出来る原因。あごニキビを治す方法と対策方法を実体験を交えてご紹介!

 

保湿はしっかりと!

それまで、ドラッグストアで買ったニキビ用の化粧品を使っていたのですが、「ニキビ用」と書かれている化粧品って、乾燥しやすいものが多いのです。かの有名なプロア○ティブもピーリング成分が入っているので乾燥しやすいことで有名ですね。

私は化粧品にあまりこだわりもなかったので、とにかく安いニキビ製品を使い続けた結果、毎年冬になると皮が剥けるくらいアゴの乾燥がひどくなりました。

そこで一念発起し、メルラインを使い続けて、保湿をしっかりと行った結果、あごニキビがかなり少なくなりました。みんなの肌潤糖を使った後にメルラインを使ったことがよかったのかもしれませんが、「ニキビ用」ではなく「保湿第一」の化粧品に変えたところ、お肌に柔らかさが出てニキビが少なくなりました。

肌質が本当に今までと全然違うんですよね。これが保湿して柔らかくなったお肌なのかと自分でも驚いてしまいます。これを機に、保湿がかなり大切であることが学べました。

 

食生活を見直した

私は完全に肉食の女なので、まず野菜は食べませんでした。そしてポテチやカップラーメンが大好きという典型的なダメな食生活。

子どもの頃から肉ばかり食べていたため、基本的に常に胃腸が悪かったです。そのため、子供の頃からニキビ肌。睡眠だけは昔も今も変わらず8時間以上とってます。ただ、本当に食生活だけが非常に悪い。

そんな生活を見直すべく、朝はサラダを食べ、なるべくお肉を控えるように心掛けました。お肉を食べる時は必ず野菜も一緒に。ポテチやカップラーメンも極力控えるように心がけたところ、あごニキビはかなり減りました。

最近はニキビが少し出来づらくなったので、またポテチやカップ麺を食べてしまうのですが、そうするとすぐ口の周りにニキビが出来てしまうのでやっぱり食生活ってかなりお肌に影響があるんだと思いました。

 

ニキビを治すには努力が必要!

主に上記の2点を試していた私ですが、やはりかなりニキビケアには力を入れていました。なんとなく「ニキビやだなぁ」と思っていた時よりも、努力して「ニキビを減らそう!」と思った時とでは雲泥の差。ニキビをなくすにはまず努力が必要であると思い知らされました。

一番嫌だと感じたのは、親戚が集まる時に遠慮なくずけずけ物を言う叔母に「あんた顔のブツブツすごいね!」とみんなの前で言われたことです。友達とか他人って結構気を使ってくれるのですが、親戚ともなると大声で本当のことを言うから悲しかった…ニキビを治そうと思ったきっかけでもあります。

ニキビはダイエットのように「頑張らなければなくならないもの」だと私は思います。特に顎ニキビは自身の不摂生やケア不足が出てくる場所。あごニキビの少ない、キレイなお肌を目指しましょう。


乾燥ニキビに最適!フェイスライン・アゴの保湿なら保湿力最強の「メルライン」で!

人の肌は乾燥すると、ゴワゴワの硬い肌になります。硬い肌になると、皮脂や汚れが詰まりやすくなり、結果、ニキビが増える原因となります。

そのお肌を柔らかくし、ニキビを予防するためには保湿が大切!しかし、化粧品を塗っただけではすぐに水分が蒸発し、乾燥しやすくなるんです。

そこで、保湿力最強のメルラインの登場です!メルラインは無添加でありながら、保湿力が高く、お肌の潤いを逃がしません。

1つで化粧水、乳液、美容液、クリーム、下地の効果もあり、メルラインがあれば全てのケアがすんでしまうので経済的。

乾燥しやすいフェイスライン・顎にはメルラインで保湿しニキビケアをしましょう!

メルラインの公式サイトへ

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>