にきび肌の人は水で洗う?お湯で洗う?何度くらいの温度で洗うとお肌にいいの?

ニキビの人が顔を洗う時に悩むのが温度。寒いからと言ってアツアツのお湯で洗ったり、暑いからと言って、冷たすぎるお水で顔を洗っていませんか?

ニキビに最適な「洗顔の温度」というものがあります。顔を洗う時は大変でも温度を守って顔を洗いましょう!

洗顔する温度が熱すぎると・・・

皮脂は多すぎるとニキビの原因と言われていますが、少なすぎても乾燥を招く原因となってしまうため、本来であれば適度になければならないもの。しかし、洗顔する温度が高すぎる場合、洗顔の際に皮脂が落ちすぎてしまいます。

そのため、お肌は乾燥肌となり、乾燥ニキビが出来てしまう原因になります。「私は熱いお湯が好き!」という人は止めませんが、皮脂が落ちすぎて乾燥がひどくなるといくら保湿をしても間に合わないお肌になってしまいますよ。皮脂は適度に残すように、アツアツのお湯で顔を洗うのはやめましょう。

お風呂の時にシャワーで顔をそのまま洗ってしまうのもNG!というのも、シャワーの温度って熱めに設定してあるものですし、何よりシャワーの刺激が強するのでお肌に負担をかけてしまいます。シャワーで顔を洗うのではなく、なるべく清潔な桶で洗顔しましょう。

 

洗顔する温度が冷たすぎると・・・

冷たい水で顔を洗うと、毛穴はキュッと引き締められると言います。水で洗うのってお肌にいいよ!なんて良く聞きますが、ニキビ肌の人にはオススメできません。

というのも、ニキビ肌の人はしっかりと汚れを落とさないといけませんが、冷たい水で洗うと汚れが落ちにくくなります毛穴に汚れが残ってしまい、その結果ニキビが増える原因となってしまうことも。結局毎日冷たいお湯で顔を洗う事で、汚れも蓄積され、ニキビが出来たり、黒ずみの原因になったりもします。

一日の汚れをしっかりと落とすためには、冷たい水で顔を洗うのはやめましょう。

 

洗顔にちょうどいいのは何度くらい?

では、洗顔するのにちょうどいい温度はどれくらいなの?というと、約30~32度くらいが最適と言われています。

ひと肌は35~36度くらいなので、自分で触ってみて少し冷たいかもと思う程度の温度を目安にすると良いでしょう。暖かいお湯ではなく、氷のような冷たい水でもなく、冷たいかなぁ~という程度ですよ。

もし、「私は完璧な温度で顔を洗いたい」と言う場合は「湯温度計」というものがあります。本来であれば赤ちゃんをお風呂に入れる時の温度を計るもののようですが、これがあれば温度がわかるので必要に応じて用意するのもいいかもしれませんね。

 

私の洗顔方法

参考程度に私の顔の洗い方をご紹介します。

まず、夜の洗顔方法ですが、お風呂で顔を洗います。

その際、カランの温度調節の部分を32℃くらいにあわせます。カランで温度調節出来るのであれば楽ですね。

にきび肌の人は水で洗う?お湯で洗う?何度くらいの温度で洗うとお肌にいいの?

カランで温度調節が出来ない場合は、お湯と水を上手く混ぜなければいけません。

そのぬるま湯を清潔な桶に入れます。桶は、お風呂を洗う時に定期的にお風呂用のハイターなどで消毒しています。

にきび肌の人は水で洗う?お湯で洗う?何度くらいの温度で洗うとお肌にいいの?

そして、洗顔をする時は必ず、モコモコの泡で!泡で洗うとお肌を傷つけず、優しく洗い上げてくれます。泡の吸着力で汚れも落ちやすいですよ。

ちなみに私は最近はよか石けんを使っています。

よか石けん
よく宣伝や口コミで見かける「よかせっけん」を半年使っているので、レビューしたいと思います。 以前は「使ってみんしゃい よか石けん」という名前だったのですが、今は「然 よかせっ

 

にきび肌の人は水で洗う?お湯で洗う?何度くらいの温度で洗うとお肌にいいの?

このモコモコ泡で洗顔終了後、いよいよ用意していたぬるま湯の出番です。

洗顔の時に大切なのは、泡を残さないこと。泡が毛穴に残っていると、毛穴づまりなどの原因になるので、しっかりと落とすことが大切です。そのため、1~2回流して終わり!ということはしません。約20回以上は流すようにしています。

まず右側から、次に左側、おでこ、鼻、あご、全体と優しく泡を洗い流し、最後に清潔なタオルで優しく水分を拭き取り完了です。

みんなの肌潤糖を使い際は水分を拭き取らずにそのまま使っています。これで潤いたっぷりのお肌の完成!今までよりもお肌が柔らかくなるように感じられますよ。

 

最後のまとめ

以前の私はいつもアツアツのシャワーでお肌を適当に洗っていました。ニキビがひどかったのにも関わらず、シャワーのお湯で洗って、結果乾燥がひどくなっていました。当時はあごの乾燥がひどく、皮がベロベロめくれるくらいひどかったのに、それでもアツアツのシャワーで洗っていましたからね!

何が悪いかを全くわかっていなかったために余計にニキビを悪化させることとなってしまいました。

特に冬の乾燥する時期は絶対に熱いお湯で洗う事は避けた方が良いですよ。本当にめちゃくちゃ乾燥します。少し手間はかかってしまうかもしれませんが、30~32度という温度を守り、ニキビのないお肌を目指しましょう!


私がニキビを治すために選んだのはクレイ洗顔の代表「然・よか石けん」

然よか石けんは「クレイ洗顔」と呼ばれ、汚れをしっかりと吸着してくれる火山灰の泥から出来ています。

このクレイ石鹸で洗うと、ナノレベルで汚れを吸着してくれるのにも関わらず、お肌に大切な量の皮脂はしっかりと残してくれ、洗い上がりもつっぱり感がなく潤いのあるお肌へと導いてくれます。

また、クレイ洗顔は少量で泡立ちも良く、お肌への刺激も少なく優しく洗い上げることが出来るので、余計な刺激によるニキビが出来づらいという特徴も。

モコモコの泡で洗うとお肌の柔らかさも断然変わってきます。ニキビ肌には潤いを与えてくれるよか石けんを!

然よか石けんの公式サイトへ

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>