にきび肌の人は水で洗う?お湯で洗う?何度くらいの温度で洗うとお肌にいいの?

ニキビの人が顔を洗う時に悩むのが温度。

 

寒いからと言ってアツアツのお湯で洗ったり、暑いからと言って、冷たすぎるお水で顔を洗っていませんか?

 

ニキビに最適な「洗顔の温度」というものがあります。

 

顔を洗う時は大変でも温度を守って顔を洗いましょう!

 

洗顔する温度が熱すぎると・・・

 

皮脂は多すぎるとニキビの原因と言われています。

 

その理由は、

 

 

毛穴に皮脂が詰まることで、菌が繁殖してしまうのです。

 

菌というのは、基本的に、皮脂や角質や油分が大好き。

 

そのため、皮脂が多ければ多いほど、よく繁殖してニキビが出来てしまうんですね。

 

「それじゃあ乾燥したお肌はニキビができないの?」

 

そんな疑問が浮かびますが、ニキビ肌の人は、乾燥もNG!

 

 

 

このように、皮脂や水分が少なくなるとお肌を潤すために、もっと皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

 

その過剰分泌された皮脂がニキビの原因となってしまうのです。

 

洗顔する温度が高すぎる場合、洗顔の際に皮脂が落ちすぎてしまいます。

 

そのため、お肌は乾燥肌となり、乾燥ニキビが出来てしまう原因になります。

 

「私は熱いお湯が好き!」という人は止めませんが、皮脂が落ちすぎて乾燥がひどくなるといくら保湿をしても間に合わないお肌になってしまいますよ。

 

皮脂は適度に残すように、アツアツのお湯で顔を洗うのはやめましょう

 

お風呂の時にシャワーで顔をそのまま洗ってしまうのもNG!

 

というのも、シャワーの温度って熱めに設定してあるものですし、何よりシャワーの刺激が強するのでお肌に負担をかけてしまいます。

 

シャワーで顔を洗うのではなく、なるべく清潔な桶で洗顔しましょう。

 

洗顔する温度が冷たすぎると・・・

 

冷たい水で顔を洗うと、毛穴はキュッと引き締められると言います。

 

水で洗うのってお肌にいいよ!なんて良く聞きますが、ニキビ肌の人にはオススメできません

 

というのも、ニキビ肌の人はしっかりと汚れを落とさないといけませんが、冷たい水で洗うと汚れが落ちにくくなります

 

毛穴に汚れが残ってしまい、その結果ニキビが増える原因となってしまうことも。

 

結局毎日冷たいお湯で顔を洗う事で、汚れも蓄積され、ニキビが出来たり、黒ずみの原因になったりもします。

 

一日の汚れをしっかりと落とすためには、冷たい水で顔を洗うのはやめましょう。

 

洗顔にちょうどいいのは何度くらい?

 

では、洗顔するのにちょうどいい温度はどれくらいなの?というと、約30~32度くらいが最適と言われています。

 

ひと肌は35~36度くらいなので、自分で触ってみて少し冷たいかもと思う程度の温度を目安にすると良いでしょう。

 

暖かいお湯ではなく、氷のような冷たい水でもなく、冷たいかなぁ~という程度ですよ。

 

もし、「私は完璧な温度で顔を洗いたい」と言う場合は「湯温度計」というものがあります。

 

本来であれば赤ちゃんをお風呂に入れる時の温度を計るもののようですが、これがあれば温度がわかるので必要に応じて用意するのもいいかもしれませんね。

 

私の洗顔方法

 

参考程度に私の顔の洗い方をご紹介します。

 

まず、夜の洗顔方法ですが、お風呂で顔を洗います。

 

その際、カランの温度調節の部分を32℃くらいにあわせます。

 

カランで温度調節出来るのであれば楽ですね。

 

にきび肌の人は水で洗う?お湯で洗う?何度くらいの温度で洗うとお肌にいいの?

 

カランで温度調節が出来ない場合は、お湯と水を上手く混ぜなければいけません。

 

そのぬるま湯を清潔な桶に入れます。

 

桶は、お風呂を洗う時に定期的にお風呂用のハイターなどで消毒しています。

 

にきび肌の人は水で洗う?お湯で洗う?何度くらいの温度で洗うとお肌にいいの?

 

そして、洗顔をする時は必ず、モコモコの泡で!

 

泡で洗うとお肌を傷つけず、優しく洗い上げてくれます。

 

泡の吸着力で汚れも落ちやすいですよ。

 

にきび肌の人は水で洗う?お湯で洗う?何度くらいの温度で洗うとお肌にいいの?

 

このモコモコ泡で洗顔終了後、いよいよ用意していたぬるま湯の出番です。

 

洗顔の時に大切なのは、泡を残さないこと

 

泡が毛穴に残っていると、毛穴づまりなどの原因になるので、しっかりと落とすことが大切です。

 

そのため、1~2回流して終わり!ということはしません。

 

約20回以上は流すようにしています。

 

まず右側から、次に左側、おでこ、鼻、あご、全体と優しく泡を洗い流し、最後に清潔なタオルで優しく水分を拭き取り完了です。

 

 

これで潤いたっぷりのお肌の完成!今までよりもお肌が柔らかくなるように感じられますよ。

 

洗顔の後は、しっかりと保湿してニキビの出来ない肌質へ

 

 

しっかりと洗顔をした後は、しっかりと保湿してあげましょう。

 

洗顔が終わったあとのお肌は、汚れが皮脂が落ちている清潔な状態。

 

そんな状態に、水分を入れると、よく吸収し、お肌を潤すことができます。

 

なので、洗顔のあとはしっかりと保湿することが大切です。

 

私は、ずっとニキビ肌でしたが、いつも熱いシャワーで適当に顔を洗って、適当に化粧水を付けているだけでした。

 

でも、それではニキビが治るはずがないんですよね。

 

化粧水だけ塗っても、お肌につけると蒸発してしまいます。

 

 

私は化粧水だけ塗って保湿した気になっていましたが、それが間違っていたんですね。

 

化粧水だけではなく、美容液や乳液などで蓋をしてあげることが大切です。

 

 

 

こうしてしっかりと保湿してあげた結果・・・

 

 

ニキビがなくなりました!

 

学生の頃からずっとニキビが出来ていて、ニキビをなくすことは出来ないと諦めていた私でしたが、こうやってニキビの出来ない肌質へと変わることができたんです。

 

ニキビをなくす鍵は二つ。

 

ぬるま湯で顔を洗う!

 

しっかりと保湿する!

 

以上です!

 

難しいことじゃないですよね??

 

こんなに簡単にニキビが出来なくなるなら、今日からぜひ実行してほしいです。

 

ただ、保湿化粧品は、適当なものを使わないようにしてください。

 

美容液や乳液なら何でもいいんでしょ?

 

そう思う人もいるかもしれませんが、「保湿」に特化したものを使ってくださいね。

 

化粧品の中には、「殺菌」に特化した化粧品、「ビタミンを与えること」に特化した化粧品、「ピーリング」に特化した化粧品など、様々なものが存在します。

 

しかし、ニキビが出てしまう人は、まずは肌質改善が大切ですから、保湿に特化した化粧品を使うようにしましょう。

 

 

お肌を潤すと、お肌の生まれ変わりが正常に行われるので、ニキビの出来ないお肌作りが出来るようになりますよ!

 

でも、どれを使っていいかわからない・・・

 

そんな人は、私のお肌を保湿してくれて、ニキビをなくしてくれた、ニキビ専用の保湿化粧品はこちらで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

↓ ↓ ↓

>>ニキビ用保湿化粧品ランキング

 

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。