【ニキビ肌】ニキビを本気で治したい人必見!私がニキビを治すまでの軌跡と努力【キレイになる】

私はものすごいニキビ肌でした。過去の写真を見てもらえれば分かりますが、かなり汚い肌でコンプレックスの固まり。

20年間ずっとニキビ肌。何をやってもニキビ肌。病院に行っても全く改善せず、一生ニキビが続くと思っていたあの頃。自分では努力していたつもりですが、今の私から言わせてもらえば何も努力はしていなかったと思います。

昔と今の写真を比較してみました。

ニキビ肌ビフォーアフター

これが昔と今の違いです。まだまだ完璧にキレイとまではいきませんが、私からすると昔とは比べようもないくらい変わったと思います。

ニキビはたまにはできます。体調が悪い時には特に。けれど、以前のようにプツプツと大量のニキビが出来ることはありません。出来ても小さなニキビだし、治りも以前よりもグンっと早くなりました。

ニキビが出来なくなると、ニキビ痕も当然できなくなります。一度できたニキビ痕は、消すことが本当に大変なんですよね。私もニキビ痕がなかなか治らず苦労していましたが、長い時間をかけてニキビ痕も大分キレイになっています。

今では以前より自信を持てたので、スッピンで出かけることもあります。昔の私の写真の状態で外に出られると思いますか?そんなの無理に決まっています。お化粧はとにかく分厚く、どうやってニキビを隠すかが勝負ですよね。それが正直つらかったです。

すっぴんなのに、旦那に「あれ?もう化粧したの?」と見間違われるくらいにはキレイなお肌になれたと思います。

ここまで変われたのは、様々な努力をしてきたからです。

 

私がニキビを治すために使った化粧品

昔の写真の状態が20年間続いた私ですが、いろいろな努力をしました。特に化粧品を全て変えました。これは大きかったかもしれません。

私が使ってきた化粧品で、今でもリピートして継続している化粧品をご紹介します。

 

メルライン

メルライン

メルラインはオールインワンジェルです。化粧水、乳液、美容液、クリーム、下地の効果があるので、非常に使いやすい商品です。

潤い成分が多く入っているので、メルラインを使うとお肌がプルプルになります。リプロスキンを使った後に利用しています。

>>>メルラインのレビューを見る

 

リプロスキン

リプロスキン

リプロスキンは「導入型柔軟化粧水」ということなので、他の化粧水などを浸透しやすくするために使用しています。私の場合、メルラインを塗る前にリプロスキンを使用しています。

リプロスキンを使用することで、お肌がより柔らかくなりますし、ニキビ痕にもかなり効果があったと思います。デコボコニキビが減ったのはリプロスキンのおかげだと思っています。

>>>リプロスキンのレビューを見る

 

みんなの肌潤糖

みんなの肌潤糖

みんなの肌潤糖は、洗顔した後、化粧品をつける前に使用するという新しいタイプの化粧品です。みんなの肌潤糖を使うととてもお肌が柔らかくなるため、私も洗顔後に必ずみんあの肌潤糖を使うようにしています。

お肌が瑞々しくなり、皮脂も以前より出なくなったので、テカりに悩んでいる人にはオススメです。

>>>みんなの肌潤糖のレビューを見る

 

然よかせっけん

然よか石けん

よか石けんは主に洗顔の際に使っている石けんです。モコモコの泡が心地よく、汚れをキレイにしてくれます。

これまで使用してたドラッグストアの安い洗顔石鹸との違いは、泡立ちと、洗い心地につっぱらないことです。今までお風呂上りにすぐに化粧水をつけなくちゃ!と焦っていましたがそれがなくなったのが一番の大きな違いです。

>>>然よか石けんのレビューを見る

 

TURURI;BB

TURURI

TURURIはニキビを内側からキレイにするために作られたサプリメントです。ニキビを治す上で、化粧品だけでは正直キレイになるのは難しいと思います。

TURURIは女性が不足しているビタミンを摂ることができるのでビタミン不足も解消できます。何より嬉しかったのが腸内環境を整える成分も入っているのでTURURIを飲み始めてから、便秘が治ったことです!

>>>TURURI;BBのレビューを見る

 

上記で紹介した化粧品は全て役割が違います。役割が違うものをうまく組み合わせたのが、私には合っていたようです。

この他にもたくさんの化粧品を試してきましたし、他にも気に入って継続しているものがあるのですが、とりあえず上記が私の中でヒットし続けている商品です。

これまでの私はとりあえずドラッグストアで安い化粧品を買って使っていればいいと思っていました。使う化粧品は「ニキビ用」って書いていればいいんでしょ?とずっと思っていたのですが、これが大きな間違いでした。ニキビ用の化粧品が乾燥しやすいということを知らなかったのです。そのため、常に私のお肌は乾燥状態で、冬は特にひどく、お肌もボロボロ。本当に言葉のとおり、皮が剥けてボロボロの状態だったのです。

しかし、ニキビに本当に大切なことは「潤い」であると気づいてから、私はそれまでのドラッグストアの化粧品を捨て、新たに上記の「潤い」を重点とした化粧品を買い始めたのです。今まで使っていた化粧品はなんだったの!?と最初は衝撃を受けたことを覚えています。本当に全く使い心地が違うんですから。

「潤い」を重点に置いたことが良かったのか、お肌はどんどん改善し、そして現在に至ります。ニキビで悩んでいる人はまず、ニキビには何が必要なのかを今一度考える必要があります。乾燥しやすい「ニキビ用化粧品」ではなく、「潤い」を与えてくれる化粧品が必要なんだと思いますよ。これを機に、自分が持っている化粧品を見直してみましょう。

 

私がニキビを治すために行った努力

ニキビを治すためには、化粧品だけに頼っていればいいとは思っていません。「ニキビを治したい」という強い気持ちで行動に出なければいけないと思っていました。

過去の私は「ニキビを治したい」と言いながら、カップラーメンやポテトチップスを毎日食べ、大嫌いな野菜は全く食べませんでした。運動もせず、毎日ゴロゴロテレビを見て、夜更かしも大好きでした。

そんな生活をしていたら、ニキビが治るわけがないと考え直し、努力することを始めました。どんなことをしているかご紹介します。

 

ウォーキングや軽い運動

ニキビは血行が悪いために出来てしまうことがあると聞き、運動を決意。運動が本当に嫌いで、子供の頃からずっと運動せずに生きてきたのですが、今では毎日7キロのウォーキングを行っています。

最初はたった3キロ歩いただけで階段も降りられないくらいの筋肉痛に襲われました。自分でもどれだけ体が弱いんだと驚くくらい。しかし、今では余裕で7キロ歩くことができ、時間があれば8キロ、9キロと歩いています。

7キロ歩くとなる、私の足だと1時間半前後かかってしまいます。主婦ですし、仕事もあって時間が限られているため、7キロ以上は歩くことが難しいですが、なんとか続いています。雨の日は家の中でフラフープや筋トレで運動不足を解消しているので昔よりかなり健康になりました。

運動をしてから思ったことは、意外と歩くのが好きかもしれないということ。我が家の近くにはちょうど河川敷があることも歩いていて楽しい理由ですが、川や緑を見ながらのんびり歩くと、とてもリフレッシュ効果があり、ツライと感じることもなく7キロ歩けてしまいます。

代謝が悪く、汗をかくこともなかった私ですが、少しのことで汗をかくようになりました。運動を始めたことで水分をたくさんとるようになったことも1つの理由だと思います。運動って本当に大事。

 

野菜中心の食事

それまで「自分だけの食事を作るのはめんどくさい」という理由から、ポテトチップスやカップラーメンばかり食べていました。しかし、ニキビを治すためには絶対に食事には気をつけないといけないのです。

食生活に関しては本当に悪いので、旦那さんに怒られるくらいの生活をしていたのですが今では朝からサラダを食べ(生野菜大嫌いですが頑張ってます)、カップラーメンは我慢し、ポテチはたまに食べちゃうけど一袋食べるのはやめて少しずつおやつ程度に食べるようにしています(ポテチが主食でした)。

そしたら、まず変わったのは顔の油分が全然違うんですよね…。今までの私、何だったんだろうって思うくらい。毎日化粧をして1時間もたてば顔がギットギトになっていたのに、1時間程度じゃ全然平気になりました。人間食べ物が大切だと思い知らされた気がします。

 

必ず10時前には布団に入る

元々早寝なのですが、子供を産んでから、子供が寝てから夜中に起きてポテチを食べるという楽しみが私の中で出来てしまって、夜更かしをするようになってしまいました。

当然、夜更かしをする+夜中にポテチを食べるという合わせ技でニキビがめちゃくちゃ出来ていましたね。アゴニキビが本当にひどかった。

そんな生活を改善するため、9時には子供と一緒に布団に入ったあとはグースカ寝るように心掛けています。夜中に起きてポテチを食べない!早寝早起き大切!ということでかなり寝ています。お肌のゴールデンタイム(22時~2時)に起きていると、お肌の再生がうまくいかないのでお肌がボロボロになるということなので、夜更かしはやめました。

その結果、朝起きた時のお肌が全く違う。ゴワゴワしてない。なんだかフワフワしてるんです。化粧のノリも良くなって、一石二鳥と思ってしまいました。

 

極力ストレスを溜めないようにする

ストレスばかりで、すぐにニキビが出来ていたのですが、原因を取り除きました。なにが原因だったかというと人間関係ですね。前の仕事辞めてやりましたよ!ストレスでニキビはできるわ、寝不足になるわ、食べ過ぎちゃうわ、ホントいいことありませんでした。

今も違う仕事はしていますが、皆さんいい方ばかりなので特に苦痛に感じることもなく楽しくやっております。

正直、ストレスは生きている限り溜まります。「あんた何がストレスなの!?」と母には言われますが、やっぱりいろいろストレス感じてますよ!(笑)でも、上手く発散する方法もだいぶ覚えたのでストレスを感じたら発散するよう努力しています。

やっぱりストレスはニキビだけではなく、体に良くないです。溜めても何も良い事ありませんから!発散するようにするのが一番!

 

・・・と、まぁ、上記の生活をしばらく送っていたところ、ニキビが治るのはもちろんのことですが、痩せました(笑)

ニキビが治るような健康な生活=体にいい生活なんでしょうね。

以前に比べたら悩みは減りましたが、まだまだコンプレックスは解消していません。ニキビが出来やすいこの体質が本当に嫌いです。でも、前よりは確実にポジティブに物事を考えられるようになりました。本当に人前に出るのが恐怖でしかありませんでしたからね。

 

人それぞれコンプレックスはありますが、治せるものは治しましょう!それだけでも全然人生違います。もう、私本当にニキビひどかったですからね!私と言えばニキビってみんな想像するくらいですよ。学生の頃は大人になれば治ると思ってたのに、全然治りませんでした…。思春期ニキビどころの騒ぎじゃなく、普通に万年ニキビ体質でした。

何度昔の写真を見ても汚いな~って自分で思いますし、親戚と会うたびに「あんたニキビすごいね」と言われるのが苦痛でしたし、嫌な事だらけ!でもそんな私でもニキビ治りましたから。

自分の使っている化粧品や、自分自身の行動を見返せばなんとでもなります。どうか悲観的にならずに、ニキビを治す努力をしましょう!私もまだまだ完璧とは言えないので一緒に頑張っていきたいと思います!

みんなで一緒にがんばろー!!


ニキビ肌を治すために積極的に使っていきたい化粧品

ニキビを治すには潤いが大切であるとあらゆるところで記載してきましたが、その潤いを得るためにはまずは化粧水を受け止める土台を作ること。

その土台を作ってくれるのがリプロスキンです。

リプロスキンは他の化粧水をお肌の奥底まで届け、浸透性を高めてくれる優れもの。デコボコのニキビ肌にも効果があると評判です。

私自身、リプロスキンのおかげでお肌の浸透性が今までと比べものにならないくらい変わりました。デコボコだった汚いお肌も治すことが出来たので、リプロスキンおススメですよ!

リプロスキンの公式サイトへ

コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>