便秘をするとニキビができるワケ。便秘を改善してお肌も身体も健やかに!便秘解消方法

ニキビが出来やすい人は便秘症であるというデータが出ています。それくらい便秘になるとお肌に出てきてしまうものなんですね。

でもなんで便秘をするとニキビが出来てしまうのでしょうか?

便秘の解消方法を知って、ツルツルなお肌になろう!





便秘とニキビの関係性とは?どうして便秘をするとニキビが出来てしまうの?

便秘の人は肌が荒れている・・・ではなぜそのようなことになってしまうのでしょうか?

便秘をすることでお肌に悪影響を及ぼす理由はいくつかあります。

1.排出できない毒素が毛穴から出て来るから 

2.老廃物の影響で活性酸素が発生するから3.自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れるから

4.便秘によりビタミン不足となりお肌の再生ができないから

 

 

1.排出できない毒素が毛穴から出て来るから

デトックスという言葉を聞いたことがありますか?

デトックス体の中の毒素(有害物質/有害金属や農薬等の化学物質)を出すことを指します。

デトックスと便秘って何か関係あるの?というと、これが多いに関係あります。

というのも、人のカラダというのは勝手にデトックスをしてくれているからです。その割合がこちら。

便:75%

尿:20%

 

便が75%もの割合で毒素を体外に排出してくれているのです!

しかし、その便から排出されるべき毒素が便秘によって体外へ排出できなかったらどうなると思いますか???

便や尿以外に毒素を排出できる場所と言えば「毛穴」しかないわけです。

この毛穴から毒素が排出され、それが原因でニキビになってしまうのです。

 

2.老廃物の影響で活性酸素が発生するから

活性酸素が多くなると、シワやシミなどの老化現象を招いたり、体力が落ちたりとカラダが酸化して徐々に衰えていくことがあきらかとなっています。

実はこの活性酸素、老化だけではなくニキビも出来る原因になります。皮膚が酸化してしまうと、そこからニキビの原因となる物質が増え、ニキビとなっていくためです。

便秘になると、体に老廃物が溜まっていくのですが、この老廃物が体内で活性酸素を発生させます。

その活性酸素が体内を巡り、お肌にも「ニキビ」という形で出てきてしまうのです。

活性酸素の影響でニキビが出ないように、便秘は改善する必要があります。

 

3.自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れるから

「1.排出できない毒素が毛穴から出て来るから」でも記述したとおり、人のカラダというのは毒素を自分で排出するように出来ています。

しかし、この毒素や老廃物を排出できない場合、毛穴から毒素や老廃物を排出する以外にもカラダに影響のある出来事が起こります。

それは、毒素や老廃物が血液に溶けて全身へ行きわたることです。

本来であれば、75%は便で、20%尿で毒素が排出されるはずなのですが、それが出来ない場合、血液に溶かしていくしか出来ないのです。

便の75%を毛穴から全部出せというのも無理がありますし、徐々に徐々に血液に溶かしていくという方法を腸はとります。

この毒素や老廃物が血液となって体内を巡ると、カラダにも異変が起こります。

頭痛・食欲不振・倦怠感・めまい・肩こり等・・・カラダにも不調が出てきてしまいます。

その不調の1つである自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れ、ニキビの原因となってしまうのです。

ホルモンのバランスが崩れるとニキビが出来るのは生理前の現象でよくありますが、便秘によって「生理前と同じようなホルモンバランスの乱れによるニキビ」という現象も起こってくるのです。

 

4.便秘によりビタミン不足となりお肌の再生ができないから

便秘をするということは、腸に便が溜まっているという状況です。

実は、便が腸に溜まっているとビタミンを吸収しづらいということが昨今の研究によりわかりました。

ビタミンの吸収率が悪いと、体に必要なビタミンをいくら摂取しても体内にいきわたらないのです。

ビタミンは皮膚を修復したり再生する大切な役割がありますが、そのビタミンが欠乏することで皮膚の再生が上手くできず、ニキビを作ってしまう原因となってしまうのです。

摂取したビタミンをきちんと体内に取り込みたいという場合には便秘を解消することが必要となります。

 

便秘を解消する方法!便秘を解消して健康に!

では、実際に便秘を解消してニキビの出来ない体づくりをしていきましょう!便秘を解消するにはどうすればいいのでしょうか?

・トイレに行きたいタイミングを逃さないこと・朝一でコップ一杯の水を飲む

・水(または白湯)を1日1.5~2リットル飲む

・便秘に効果のある食べ物を食べる

・グリーンスムージーを飲む

・運動をする

 

 

トイレに行きたいタイミングを逃さないこと

これって実はものすごく大切なことなんです。

「あ、出るかも・・・」と思った時にトイレに行かなければ、便はそのまま腸に残り、次から次へとやってきた便に押されて潰れてしまいます。

少し汚い話ですが、何日も便秘に悩み「やっとでた!」と言う時ってコロコロとしたウサギのうんちみたいな便じゃないですか??

それって便がつぶれてしまっているんです。

この状態では便が硬くなってしまっているのでスッキリと出すことはできませんし、力を入れるため痔になる可能性も高いです。

便意を催したら、とにかくトイレに行く!

これが鉄則です。学校でも職場でも外出先でもとにかく便は出すように心掛けてください。

 

朝一でコップ一杯の水を飲む

昔から言われている便秘を解消するための1つの方法です。

朝、起きてからすぐにコップ一杯の水を飲むことで胃と腸が刺激され活発に動くようになり、便が出やすくなると言われています。

あまり冷たすぎる水を飲むとと逆に便秘になる可能性があるので、あまりにも冷たすぎる水は飲まないようにしましょう。

 

水(または白湯)を1日1.5~2リットル飲む

水分をたくさんとることで、代謝も高まり、毒素排出にも非常にいいです。

よく芸能人が一日にたくさんの水を飲むと聞きますが、いわゆるデトックスですね。

水分を摂ることで腸の働きもよくなりますので、水分はたくさんとり、たくさんトイレに行きましょう。

 

便秘に効果のある食べ物を食べる

やはり食生活が悪ければ便秘になるのも当たり前。肉や添加物ばかり食べ続けていると本当に出ないんですよね・・・

便秘に効果があると言われている食べ物は以下のものです。

ヨーグルト・納豆・りんご・バナナ・根菜(ゴボウ、レンコン等)・こんにゃく・海藻類

腸内環境を整えてくれるものや、食物繊維が豊富なものが便秘には効果的だと言われています。

便秘に繋がらないように、日々の食生活にも気をつけましょう。

 

グリーンスムージーを飲む

グリーンスムージーは今カラダに良いとして注目を集めていますが、便秘改善にも非常に効果があります。

私はグリーンスムージーを毎日飲んでいたのですが、逆に便が緩くなったほどです。今は便秘で苦しい時には飲むようにしています。

本当に効果がある!と思ったので、便秘で悩んでいる人はぜひ試してもらいたいです。

また加熱や水で溶けてしまいがちなビタミン類もそのまま摂取できるので、美肌にも非常に効果があります。ぜひお試しください。

 

運動をする

運動をすることは便秘解消には非常に大切なことです。

運動不足で筋肉が落ち、便を出すのが困難になることを「弛緩性便秘」と言います。寝たきりの方やご年配の方に多い症状です。

ハードな運動じゃなくてもいいんです。毎日少しでもカラダを動かすようにするだけでも全然違ってきますよ。

例えばエレベーターじゃなく階段を使ってみる、一駅前で降りて歩いて帰る・・・等工夫次第で体を動かすチャンスはすぐにやってきます。

少しでもいいので、日常生活に体を動かすことを取り入れてみてくださいね。

 

最後のまとめ

実は私、ひどい便秘症でした。

10日出ないこともあり、かなりお腹が痛くて痛くて悩んでいたんです。

ニキビがひどかったのはこの便秘がひどかったというのもあると思います。

今現在私が実行していることは、

・白湯を毎日2リットル飲む

・運動をする(腹筋)

以上の2つを主に毎日行っています。

 

まず、元々私は水分を全くとらない人でした。そのため水分不足で冷え症だし頭も痛くなってくるし、悪い事しかありませんでした。

代謝をよくしようと思い、水分をとるようにしていたのですが冷たいままは嫌なので白湯にして飲んでいます。

トイレも一日3~4回しかいかなかったのですが、今では10回くらいいっています。

 

あと運動はダイエットも兼ねてなのですが、毎日30分ほど軽い運動をしています。本当に軽い運動です。テレビ見ながらやってるくらいです。

運動の時に必ず腹筋を行うようにしているのですが、それがかなりの効果があるようで、今まで便を出すのに時間がかかっていたのがそんなに苦労しなくなりました。

 

結果、今では便秘が解消され、毎日快便です。

自分でもここまで改善されると思っていなかったのですが、今では毎日出さないほうがムズムズして変な気分になります。

特に大変なことをしているつもりもありませんが、簡単に便秘が解消できたのでぜひぜひお試しください。

肌荒れを治すには、まずは便秘を治しましょう!!!


コメントを残す


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>