シャワーで顔を洗う事はNG!ニキビが出来る人はシャワーで顔を洗うのを今すぐやめて!

お風呂に入った時、シャワーで顔を洗っていませんか?

 

実はシャワーで顔を洗うと、ニキビが出来やすくなるって知っていましたか!?

 

ニキビ肌の人は今すぐシャワーで顔を洗うのをやめましょう!

 

シャワーでニキビが出来てしまう理由!

 

では、なぜシャワーを使うとニキビが出来やすくなってしまうのでしょうか?

 

その理由をまとめてみました!

 

・水圧が高いので肌に刺激が強すぎる
・シャワーは温度が高すぎる
・続けてシャワーを使っていると乾燥してしまう

 

シャワーを使い続けていると乾燥する理由がきちんとあるんですね。では、一つ一つ見ていきましょう!

 

水圧が高いので肌に刺激が強すぎる

 

シャワーの水圧は顔のお肌には、非常に強いものです。

 

シャワーの水圧によって、皮脂がごっそり落ちるのですが、必要な分の皮脂も落ちてしまいます

 

 

人間のお肌というのは、必要な分の皮脂も落としてしまうと、もっともっと皮脂を出そうとして皮脂を分泌し始めます。

 

 

それが過剰分泌となって、毛穴を詰まらせニキビが増える原因となってしまうのです。

 

また、お風呂に入って角質が柔らかくなっているところにシャワーを当てることで、大切な角質まで落としてしまい、保湿機能がおかしくなってしまうという難点もあります。

 

お風呂から上がった後に顔が非常につっぱるのも、シャワーで顔を洗って、必要な角質や皮脂が落ちすぎているせいかもしれませんね!

 

シャワーは温度が高すぎる

 

体にシャワーを当てるとあったか~い!

 

けれど、その温度が顔にはNGなんですよ!

 

というのも、体に当てるシャワーって大抵38℃以上の暖かいお湯かと思います。

 

夏ならまだしも、冬は寒いから40℃以上のお湯を当てている人もいるかもしれませんね!

 

実は、顔にはその温度は熱すぎます

 

シャワーの水圧同様、熱いお湯は顔の必要な皮脂や角質を落としてしまい、顔が乾燥する原因となってしまうのです。

 

顔は30℃~35℃が一番最適な温度です。

 

体につけるとちょっと冷たい温度なので、桶などにためて顔を洗うのがいいですね。

 

続けてシャワーを使っていると乾燥してしまう

 

上記の2点の理由から、毎日シャワーを顔に当てることで乾燥がかなり進んでしまいます。

 

どれだけ顔には負担であるかがわかったと思います。

 

ニキビ肌の人は特にお肌がデリケートな状態です。

 

水圧で顔を洗うのは今すぐやめましょう!

 

 

乾燥ニキビの人だけじゃなく、油分が多いニキビ肌の人も、顔を保護している皮脂や角質を落とし過ぎると、もっともっと肌は皮脂や角質を出そうとしますよ。

 

それが更なる油分の原因となるのです。

 

ニキビ肌の人は特に、注意しないといけません。

 

ニキビ肌の人の正しい洗顔方法!

 

それではニキビ肌の人はどのように顔を洗っていけばいいのでしょうか?手順をご紹介します!

 

1.キレイな桶に30℃~35℃のぬるま湯をはる

 

清潔な桶にぬるま湯を入れて準備します。

 

最初に用意しておかないと、顔を流したい時に困るので、先に温度を見ながらお湯をはりましょう。

 

乾燥肌の人は温度を低く脂性の人は温度を高めにするといいでしょう。

 

2.顔を濡らした後、優しく泡洗浄する

 

顔を軽く濡らした後、優しく泡洗浄を行っていきます。

 

コツはお肌に触れずに泡で洗う事!

 

顔をモコモコにして、優しく洗っていきましょう!

 

3.30秒~1分ほど泡で洗う

 

泡で顔を長い時間洗っていると、必要な皮脂や角質まで落としてしまい、逆に顔に負担になってしまいます。

 

顔を洗う時は30秒から1分程度で大丈夫です!泡が汚れをとってくれるには充分な時間です。

 

まずは、モコモコの泡を優しく流しましょう。

 

4.泡を落としたら、顔に負担をかけないように優しくぬるま湯ですすぐ

 

すすぎは非常に大切です。

 

洗い残しがあると、顔に負担がかかる原因となります。

 

泡がなくなったからと言って、数回で洗うのをやめても毛穴にはまだ泡の残りが入っている可能性があります。

 

だからと言ってゴシゴシ強くすすぐことは禁止です!

 

あくまでも優しく洗い流しましょう。30回程度すすぎましょう。

 

5.清潔なタオルを優しく顔に押しつけて顔をふく

 

必ず清潔なタオルを使いましょう!

 

顔に触れるものは毎日洗って!新しいものを!

 

水分を拭き取るのに、ゴシゴシこすると今までの経緯が全てパーですからね!

 

タオルは軽く押しつける程度で大丈夫です。

 

ニキビがあまりにもひどく、普通のタオルでは痛い場合は、赤ちゃん用のガーゼタオルを使いましょう。

 

赤ちゃんコーナーに売っていますが、とても柔らかくてお肌に負担をかけない作りです!

 

以上が正しい洗顔の方法です。

 

大切なことは優しく洗うこと!

 

時間がなかったり、めんどくさいからと言って、適当に洗ってはお肌に普段をかけることとなるので、気をつけましょう!

 

洗顔のあとはしっかりと保湿!

 

キレイなお肌になったら、しっかりと保湿しましょう!

 

洗い上がりのお肌は、化粧水を浸透しやくなっています。

 

洗顔のあとに何も塗らないと、乾燥をまねく原因ともなりますよ。

 

私は、しっかりと顔を洗った後に、保湿ケアを行っていたところ、ニキビが治りました。

 

 

今ではニキビの出来ない肌質へと改善されましたよ!

 

ニキビとは20年以上付き合っていましたが、私がやっていたことって全く意味がないことだったんです。

 

だって私、化粧水だけつけとけばいいと思っていましたし。

 

でも、化粧水だけってダメなんですね。

 

 

化粧水だけだと、すぐにお肌の熱で蒸発してしまうんです。

 

それを知らなかったので、いつも乾燥して、硬くてゴワゴワの肌でした・・・。

 

化粧水を塗った後は、美容液や乳液でしっかりと蓋をすることが大切です。

 

 

そうすることで、水分を閉じ込めて、潤いたっぷりのお肌へと変わってきます。

 

ニキビを治した私が保湿していたのは、メルラインでした。

 

 

メルラインは、保湿特化の化粧品です。

 

ニキビ用なのに、保湿に特化してるって、すごいこと!

 

ニキビ用の化粧品って、大抵「殺菌」「ピーリング」の効果が強いものばかりで、潤いのないお肌には刺激が強いものもあります。

 

まずは、しっかりと保湿してあげること・・・

 

そうすることで、

 

 

お肌のターンオーバーも正常に行われるようになるので、ニキビができないお肌になるんです!

 

赤ちゃんや子供がニキビがないのは、このターンオーバーが正常に行われているからです。

 

そのため、まず保湿ケアをしっかりとして、肌質改善を行えばニキビはなくなりますよ。

 

もちろん最初は私も不安でした。

 

だって、今まで散々いろいろなニキビ用の化粧品を使って来たんですから。

 

ドラッグストアで見かけるたび、「ニキビ治るなら使ってみようかな・・・」と買っては、ニキビが治らないということを繰り返してきましたから。

 

しかし、メルラインは違います。

 

 

なんと、たっぷり6ヵ月使い切っても、返金してくれるんです!!

 

だから、私は安心してメルラインを始めることができました。

 

ニキビがあるのツラくないですか?

 

何をしてもなくならないニキビをなくしたいと思いませんか?

 

ニキビを作りたくないなら、まずはしっかりと保湿ケアしましょう!

 

せっかく返金保証があるので「ダメだったら、返金してもらう♪」くらいの気楽な気持ちで初められますよ。

 

メルラインの返金保証は公式サイトのみ

 

↓ ↓ ↓

>>メルライン公式サイトはこちら

 

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。