ニキビには種類がある!白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビって?

ニキビにも種類があるのをご存知でしょうか?

 

自分のニキビがどんなニキビなのかをまずはしっかりと把握して、そのニキビに合った対策を行いましょう!

 

ニキビの種類は5種類!今のニキビは何ニキビ?

 

ニキビには、5つの種類があると言われています。それぞれ、色で現します。

ニキビの種類

進行具合で違うニキビとなります。

 

そして、それぞれケアの方法も違うので、正しいケアを行わなければ痕が残るようなひどいものになってしまうことがあります。

 

今の自分のニキビがどのニキビか把握しましょう!

 

ニキビの進行順

ニキビ→黒ニキビ→ニキビニキビニキビ

 

ニキビはこの順番で進むと言われています。

 

初期段階であればキレイに治すことも可能ですが、進行が進むにつれ、痕が残ってしまいます

 

キレイに治したいのであれば、初期段階で治すように頑張りましょう!

 

1.白ニキビ

白ニキビ

 

白ニキビは皮膚に皮脂や角質が詰まってしまった直後のニキビ

 

まだ赤みもなく、ポツっと少し盛り上がっている程度のものです。

 

痛みもないですし、そこまで大きいわけではないので目立つわけではありません。

 

アクネ菌も繁殖していないですし、ただ汚れが詰まっているだけなので、この段階であれば治すことも可能です

 

白ニキビの対処法

 

角質に汚れが詰まる原因は、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの分泌が多くなるためです。

 

ホルモンバランスを整えることが一番の解決策です。

 

大豆イソフラボンなど、ホルモンバランスに有効な栄養をとりましょう。

 

また、皮膚科で面ぽう圧出という治療を受けることも可能です。

 

家では、正しいスキンケアを心がけ、生活習慣を見直すことで改善する可能性が高いです。

 

ストレスが溜まっていたり、寝不足が続いているなら、まずは寝ましょう。たくさん寝ちゃいましょう。

 

朝起きたら、このポコッとなっている部分が少し小さくなっているかもしれませんよ。

 

スキンケアをしっかりと行い、睡眠もたくさんとることが悪化させないコツです。

 

2.黒ニキビ

黒ニキビ

 

毛穴の中にあった白ニキビが表面に出てきて、酸化すると黒くなって黒ニキビとなります。

 

ちなみに、この黒ニキビは表面が黒くなっているだけなので、比較的ニキビ跡にもならずに治すことが可能です。

 

この状態であれば白ニキビと同じ処置方法で治すことが可能です。

 

黒ニキビの対処法

白ニキビと同じく、ホルモンバランスを整えることが有効です。

 

表面だけの黒ニキビとはいえ、気になってこすりすぎると悪化する可能性がありますので、いつものケアをしっかり行い、ビタミンもとりましょう。

 

ストレスをためない、早寝早起きを心がける、食事に気を付ける等、ホルモンバランスを整えることを目標に頑張りましょう。

 

3.赤ニキビ

赤ニキビ

 

アクネ菌が繁殖し、ニキビが炎症を起こした状態

 

この状態では、痛みも感じますし、皮膚も赤く腫れてしまい、それを潰してしまうとニキビ跡になってしまいます!

 

この状態になったらこれ以上悪化させないように炎症を抑える治療が効果的です。とにかく悪化させないように!

 

 

ちなみに私も赤ニキビが出来やすいタイプです。

 

これ、もっと悪化してしまったり、痛いんですよね~。

 

白ニキビの時って目立たないし、痛くもないので気づけないんです。

 

これだけ赤ニキビがあるってことは、白ニキビも相当あったと思うのですが、数が多すぎて対処できませんでした。

 

根本的にニキビが出来ないようにしないといけませんね…。

 

赤ニキビが出来たときにやってはいけないこと

・手で触る、潰す
・厚化粧をする
・何度も顔を洗う
・髪の毛で刺激する
・化粧水をぬりまくる

 

赤ニキビは痛みもありますが、炎症を起こしてかゆみもある場合があります。

 

どうしても気になって触ったり、潰したりしてしまいがちですが、絶対に触らないようにしましょう!

 

跡にも残りますので、触らぬ神に祟りなし・・・ですよ。

 

また、厚化粧も炎症している毛穴に汚れが入り込む可能性が高いのでやめましょう。

 

何度も顔を洗ったり、髪の毛で隠そうとして髪の毛で刺激してしまうと余計に悪化してしまいます。

 

一番やりがちなのは、気になって化粧水を塗りまくることです。

 

炎症しているところに化粧品を塗ると潤うし、早く良くなると思いがちですが、返ってアクネ菌に餌をあげている状態になってしまいます。

 

 

ますます悪化することもありますので、気になるからと言って、いろいろな種類の化粧水を塗りたくるのはやめましょう。

 

赤ニキビの対処法

炎症が起こっているので、基本的には触らないようにして、とにかく炎症を沈めてあげることを考えましょう。

 

あまりにも炎症がひどく、痛い場合には病院で抗生剤をもらうなど対応してもらいましょう。

 

1.優しく泡洗顔する

 

2.洗顔後は刺激の少ないキレイなタオルで顔を拭く

 

3.化粧水で保湿する(抗炎症作用がある化粧水だと尚良し)

 

4.ビタミンCを摂る

 

5.余計な化粧品を塗らない

 

6.清潔な枕で寝るようにする

 

家で出来るケアとしては、洗顔と化粧水をいつも通り行うことです。

 

過剰に洗顔したり、化粧水をつけまくることは逆効果ですので、いつも通りでいいです。

 

ただ、洗顔方法や化粧水のつけ方は間違えないようにしてくださいね。

 

誤った方法だと悪化する可能性があります。

 

正しい洗顔方法は以下で詳しく紹介しています!

ニキビに効く化粧水、肌を潤す化粧水を使っているのに間違った化粧水のつけ方をしていませんか? 正しい化粧水のつけ方を学び、化粧水をお肌へと浸透させましょう!

 

また、ニキビを治す力をつけるために、ビタミンCをとることも有効です。

 

ビタミンをとるとお肌を復活させる力が強くなります。

 

ビタミン剤などを飲んでお肌を強化しましょう。

 

化粧水に抗炎症作用があるものだと、炎症を抑えてくれるので早く赤みがとれる効果が期待できます。

 

4.黄ニキビ

黄ニキビ

 

潰れると今にも膿が出て来る状態のニキビが黄ニキビと呼ばれるものです。

 

毛穴の中に膿が溜まってしまっているので、この状態だとクレーターになったり、色素沈着する可能性が高いのです!

 

「なんでこんなに悪化させちゃったの!!」と言われがちですが、なっちゃったものは仕方がないです。

 

とにかく痕に残らないようなケアを心がけることが大切です。

 

黄ニキビが出来たときにやってはいけないこと

自分で潰して膿を出す


・タオルなどで強く顔を刺激する


・手で触る


・厚化粧をする


・何度も顔を洗う


・髪の毛で刺激する


・化粧水をぬりまくる

 

基本的に赤ニキビと同じような対処方法です。とにかくお肌には優しく優しく・・・

 

万が一潰れてしまった場合にはティッシュで膿をそっと拭き取るだけでいいです。

 

必要以上に潰したり、ゴシゴシ拭くと逆に悪化したり、血が出たりします。そうなると痕が残ったり、クレーターになったりする可能性が大きいです!

 

とにかくニキビには「優しく」が基本です。

 

黄ニキビの対処方法

あまりにもひどい場合は病院に行くことをおススメします。

 

痕が残る危険性があるため、病院に行くといいですよ!

 

漢方や抗生剤、塗り薬などを処方してもらえます。

 

やはり、お肌の専門家に診てもらうことが、キレイに治すための近道だと思います。

 

ちなみに私は病院で対処してもらえなかったので、以下を実行しておりました。

 

1.優しく洗顔する

 

2.化粧水で保湿する

 

3.ビタミンCを摂る

 

4.余計な化粧品を塗らない

 

基本中の基本ですね。

 

この4つを行う事で、しっかりとケアしていきましょう。

 

黄ニキビが出来た時は、とにかく触らない

 

そして、市販の安い化粧品はつけないようにしておりました。

 

と、いうのも膿になってしまってから安い化粧品を使う事は肌への刺激となってしまうからです。

 

黄ニキビの治りが悪くなるので、使いませんでした。

 

余計なことはしない、これが基本ですね。

 

で、私、今まで20年間ニキビに悩まされてきまして・・・黄ニキビももちろん何度も出来てきました。

 

 

しかしながら、クレーターにはなっていないんですよ!

 

痕には少し残っていますが、ケアをしっかりすることで痕も薄くなっていてきています。

 

10代の頃から、本当に数えきれないほどの黄ニキビと戦ってきましたが、別に病院に行かなくてもこれくらいキレイですよ。

 

間違ったケアをしなければ、きちんとお肌は修復してくれるのです。悪化しないことだけを考えましょう!

 

5.紫ニキビ

紫ニキビ

 

黄ニキビが悪化した結果、膿や血が皮膚の中に溜まって、紫色のように見えることから紫ニキビと呼ばれています。

 

こうなると、重度の皮膚炎ですよ!!

 

まずはお医者さんへ行きましょう。

 

ニキビとかのレベルではないです。皮膚炎です。

 

紫ニキビになってしまったら、クレーターや痕が残ることは覚悟しましょう。

 

ここまで行くと、正直かなり改善が困難なのです。

 

治すには相当な時間と労力、そして時にはお金が必要になってきます・・・。

 

ここまで悪化させないためにも、初期段階で治療出来るようにしていくことが大切です。

 

紫ニキビの対処法

最終段階である紫ニキビまで進んでしまっても、ケアはしっかりとしていきましょう!

 

本当にお肌がボコボコのひどい状態になってしまいます!

 

ある程度きちんとケアをしていたら少しずつ改善できる可能性があります。

 

まずは病院へ行って、それから生活習慣を見直したり、ケアの方法を見直していきましょう。

 

1.優しく洗顔する

 

2.化粧水で保湿する

 

3.ビタミンCを摂る

 

4.余計な化粧品を塗らない

 

5.食生活を見直す

 

6.早寝早起きなど規則正しい生活を心がける

 

7.ストレスを溜めない

 

8.冷えを改善し、代謝が良くなるようにする

 

9.便秘には気を付ける

 

10.ホルモンバランスを正常に正す

 

上記は全て、「ニキビが出来ない体にする」根本的なことなのです。

 

新しいニキビが出来ないように気をつけていく必要がありますし、悪化したニキビを治すにはお肌のターンオーバーが正常に行える状態にしておかなければいけません。

 

少しでも早く治したいと思うのであれば、ニキビの出来ない肌質へ改善を!

 

私がニキビが出来ない肌質になった方法

 

ニキビをなんとかしようと思って本気でニキビケアを始めて早1年以上・・・

 

今では、ニキビのできないツルツルのお肌を手に入れることができました!!

 

 

ほら!!こんなに変わりましたよ!!

 

ニキビの出来ないお肌作りを私がどうやったかというと、ひたすら保湿を頑張りました!!

 

最初の白ニキビのところでもお話ししましたが、ニキビが出来てしまう原因って、大体が汚れが詰まっていることが原因です。

 

それって、皮膚が硬くなってしまって、ターンオーバーがしっかりと出来ていないからなんですよ。

 

通常、ターンオーバーは正常なお肌であれば、毎日行われるはずなのです。

 

 

古い角質が自然と剥がれ、そして新しい皮膚に生まれ変わる・・・

 

それが正常な状態。

 

でも、硬くてゴワゴワしているお肌では、なかなか角質が剥がれ落ちることが出来ないため、上手くターンオーバー出来ないんです。

 

 

ターンオーバーが出来ないと、いつまでも古い角質や皮脂がそこに溜まります。

 

そうなると、その角質や皮脂が大好きな雑菌が増えて、ニキビの原因にもなります。

 

そうならないためにも!!

 

しっかりと保湿することが大切!!

 

 

水分たっぷりで健康的なお肌はターンオーバーが正常に行われ、お肌もキレイになります。

 

お肌が生まれ変わることができれば、雑菌の繁殖も毛穴の詰まりもなくなり、ニキビが出来ることがないのです!!

 

これがニキビができなお肌の状態です。

 

赤ちゃんや子供のお肌のようにみずみずしいお肌であれば、肌トラブルとも無縁ということですね。

 

なので、保湿をしっかりして、柔らかいお肌を作ってあげることが大切なんです!

 

私はニキビがあったときは、ものすごく硬いお肌でした。

 

自分でもゴワゴワで硬いなと思っていました。

 

でも、保湿をしっかりとして、ニキビのないお肌になったら、全然違う!!!

 

めちゃくちゃ柔らかいんです~~~~!!!

 

プルプルのお肌になって自分でも驚いてしまいました。

 

今ではニキビが出来ないので、ニキビに悩むことも、ニキビ痕で悩むこともなくなりました。

 

ニキビを本気でなくしたいなら、まずは保湿をすることが一番の近道です。

 

私がニキビを治した、保湿がしっかりと出来る化粧品はこちらです!

 

↓ ↓ ↓

>>ニキビが出来ないお肌に!保湿化粧品のランキング

 

 

コメントを残す


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。